交通事故対策マニュアル

交通事故を起こした場合

交通事故を起こしたらまず警察へ連絡

交通事故を起こしてしまった場合、とっさのことで気が動転しているかもしれませんが、まずは怪我人がいないかどうか確認し、警察連絡をします。怪我人がいる場合には同時に救急車の手配も忘れずに行います。緊急の場合には自分たちでできる応急処置を周りにいる人の助けを借りながら行わなくてはいけません。 また、事故車などが交通の妨げになるような場合には、なるべく現状を大きく変えないまま可能な限り移動しておくことがベストです。 こうすることによって二次被害を防いだり、事故による渋滞を防ぐことができるので、警察が来る前にできることはなるべくしておくといいでしょう。 次に大事なのは、警察が到着する前に自分たちで解決をしてしまわないことがポイントです。示談など自分たちで解決しようとする行為は、のちに揉めて取り返しのつかない自体を引き起こす原因にもなりかねないので、必ず警察の指導のもと保険会社に全てを任せるようにすることが大切です。

おすすめ法律事務所はコチラ

保険会社へと連絡も忘れずに

自動車運転免許を持って車を運転している方の多くは自賠責保険の他に任意保険がある事を知っているでしょう。自賠責保険は必ず加入する必要がありますが任意保険は名前の通り、加入するかどうかは本人による任意です。 交通事故を起こした場合、自賠責保険で補償されるところもありますが、その金額やサービスに不足がある事が多く、そのため任意保険に加入している方も多くいます。 事故を起こした場合、相手がいるかどうかにもよりますが、まずは警察や救急に連絡する事、その後任意保険の会社に連絡をとる事です。保険会社に連絡すると、状況を順番に丁寧に質問されることで慌ててしまった心も落ち着き、現在の状況からこれから本人がとらなければいけない行動や保険申請に必要な確認や書類等の説明が受けられます。 最近の保険会社は土日祝日でも電話対応していただけるため安心して連絡をとってください。事故は誰でも起こす可能性も、巻き込まれる可能性もあります。落ち着いて必要な対応がその場でできるよう、保険会社への連絡も忘れないでください。

Copyright(c) 2011 交通事故対策マニュアル. All Rights Reserved.